カブトムシ赤仙人とは私のことだ。